セリアのシリコン粘土を用いてラムネ瓶のミニチュアを製作します。今度こそ本当にできました!

やっとラムネ瓶が出来ました!

紆余曲折ありましたが何とか完成しました!

まずは樹脂粘土でセリアのシリコン粘土にはめるための原型を作ります。

紙にラムネ瓶の形のイメージを描きます。

ラムネ瓶は複雑な形をしています。真ん中にはビー玉を落とさないくびれがあります。

上方の丸い部分にはビー玉が飲むときに入口に行かないようにえくぼのようなくぼみが二つあり、ビー玉の侵入を拒みます。これを再現していくのが難しい!(笑)

紙に書き終えたらプラ版に貼り付けて、粘土を盛っていきます。

樹脂粘土にしようと思いましたが、プラモデル用のエポシキパテに変更しました。理由は樹脂粘土より固く細かい成形ができるからです。

とりあえず原型ができました!

今度はこれをセリアのシリコン粘土でかたどっていきます。

100均のピルケースにセリアのシリコン粘土を埋め込み、そこに原型を押しつけていきます。原型の周りが凹むので周りからシリコン粘土を寄せてきて平らに仕上げます。

なんで市販のラムネ瓶のシリコンモールドを使わないのか?とお思いでしょう。単純に販売されているのを知らなかったのです(笑)あとは、既製のものは使いたくないとか、セリアのシリコン粘土でかたどったほうが作りがいがあるから?ですかね。まあいつか市販のシリコンモールドは買ってみたいと思います。

30分ほどで固まります。

で、原型をはがしたら、頭がもげました(笑)後で接着します。

押し付け過ぎで、底のほうが薄くなってしまいました。けどケースに入れたままレジンを流し込むので無問題。

セリアのレジンを流し込んでいきます。

何層かに分けて流し込んでいきます。上からのUVしかないので、固まりにくいです。

そののちビー玉に相当するビーズを配置していき、レジンを流し込みます。

ビーズが見えるでしょうか?

そして硬化して半分の出来上がりです。

まあまあの形が出ました。

そしてもう一つを製作し、

接合面を平らにし、レジンで接着すると瓶の形になります。

くっつけて全体を研磨したところ。途中の写真を撮り忘れました。

で、いつものごとく水砥ぎ、耐水ペーパーで。

乾燥させたのちスーパークリアーの塗料を吹きかけて完成です!

いや~思ったよりもうまくいきました。素人でも案外いけますね(笑)やっと念願のラムネ瓶をレジンで製作することが出来ました。今度は複製を製作していきます!

冬ですが瓶ラムネはいかがでしょうか?

『送料無料!』(地域限定)サンガリア 日本の味ラムネ瓶 200ml瓶(30本入り1ケース)瓶ラムネ※ご注文いただいてから3日~14日の間に発送いたします。/sg/

価格:2,731円
(2020/12/22 19:44時点)
感想(2件)

記事の中で使用したエポキシパテ

タミヤ エポキシ造形パテ(高密度タイプ) 100g [エポキシパテ・エポパテ]

価格:1,090円
(2020/12/22 20:00時点)
感想(0件)

「ついにmaking!おゆまるでラムネ瓶を製作します ミニチュア瓶 作り方 おゆまる」の記事はこちら(最初の頃の記事だからひっどいよ(笑))

③ワインボトルのミニチュアをお湯プラで複製!(セリアのシリコン粘土で作ったワインボトルのオマケブログ)

この前セリアのシリコン粘土でワインボトルを作りました。ラベルを作って、頭の部分を塗装して完成!といいたいところですが、せっかくレジンでカチッとした形が出来たのでお湯プラ(お湯マルでも同じ)で複製を作ることにいたしました。

大体一個目は樹脂粘土で作りますが、細かいディティールでエッジが出ないので、レジンが完成したら複製を作れるようにしたら良いですよ。きちっとした型が取れます。

それはお湯プラでもセリアのシリコン粘土でも変わらないです。精度が出ます。

では複製を作っていきましょう!

で、お湯プラの在庫を確認したらなななんと!クリアが無い!

緑しかない!uvレジンだからな~…光通さないでしょ?

いや、やってみましょう!(失敗するだろうな…)

例のごとく一人用の電気鍋でお湯プラを加熱していきます。

熱いのでお子様と作るときは注意してくださいね。

レジンで出来たワインボトルに熱々のお湯プラを押しつけていきます。

型合わせのために爪楊枝を刺していきます。このお湯プラを整形した後にカッターで切って真っ二つにしていきます。逆さまにしているのはレジンを流し込むからです。型から引っ張り出すときに下が膨らんでいると出てこないですからね。細い方を下にします。

水に付けて冷やした後、カッターで真っ二つにします。

けっこうきれいに型取り出来ました。

輪ゴムでぎちぎちに締めてから、セリアのレジン、クリアーブルーを流し込んでいきます。

ゆっくりと流し込んでいきます。ゆっく流さないと泡が逃げなくて、気泡になってしまいます。

できたけど、やっぱり首元に気泡が‼(笑)

けどこのくらいなら修正できます。そして心配していた緑のお湯プラですが、意外と固まりました。けど少し表面がぬるっとしていました。UVライトを長めに当てれば固まる感じです。気泡に穴を開けて穴の周りを整形してもう一度レジンを流します。

穴の部分にレジンを再び流し込みます。

とりあえず形は出来ました。ここから研磨していきます。

研磨は最初は紙やすり240番くらいで粗削りしてから400番で磨き、その後耐水ペーパーで磨いていきます。600番、1500番で磨きます。

その後クリアースプレーで塗装します。

出来上がりです!

複製のほうがちょっとスッキリした感じになりました。

以前投稿した三ツ矢サイダーのレモラのような形になりました!ちょっと嬉しいかも(笑)

”アサヒ飲料ホームページより

けっこう満足いく仕上がりになりました。

久しぶりに瓶のサイダーとかいかがですか?

[飲料]★送料無料★※アサヒ 三ツ矢サイダー 200ml瓶 1ケース24本入り (リターナブルびん)(190)

価格:2,452円
(2020/12/21 21:59時点)
感想(0件)

セリアのシリコン粘土でワインボトルを作ります①の記事はこちらから

②セリアの型取り用シリコン粘土を使ってワインボトルをレジンで作ります

久しぶりの製作記事です。セリアのシリコン粘土の記事がまあまあ人気です。なのでワインボトルの製作の続きになっています。セリアのシリコン粘土で縦半分の型を作り、そこにセリアのUVレジンのヴァイオレットを流していきます。

この前は二つ、半分の部分ができ、レジンで接着すればよいところまで製作しましたが、片方の反りがひどくて…写真アップしますね。

削りで吸収できないくらいそっていますね

反ってない方。真っ直ぐです。

このままでは接着しても加工が大変なので、片側を作り直します。その方が早いと判断しました。

セリアのシリコン粘土の型に再度UVレジンを流しこんでいきます。

セリアのシリコン粘土だとUVレジンが固まりづらいので、何層かに分けて流し込んでいきます。

はみ出すまで注ぎます。後から削ればいいので。

出来ました。

右が新しく製作した方です。これから接合面をなるべく平らにしていきます。紙やすりで、こするだけですけど(笑)根気は、いります。

削っている写真です。

削り終わったのでUVレジンで接着していきます。

動かないようにセリアのシリコン粘土の型に入れ込んで、表面にレジンを塗っていきます。

出来ました!

そんで紙やすり180番で磨きました。

削ると接合部の溝が際立っていきます。そこをまたレジンで埋めていき、また削ります。

削りたおします。

紙やすりから耐水ペーパーに変更してさらに磨いていきます。600番、1500番と進んでいきます。

これで一時出来上がりです。この後スーパークリアーの塗装をかけて、ラベル作りにも挑戦していきます。③に続きます。ご覧くださりありがとうございました。

自分が使っているのはセリアのレジン。本当に使ってみたいのはこちら!買いたい…

パジコ ジュエルラビリンス 星の雫 UV LEDレジン液 ハード 25g | レジン レジン液 UVレジン液 LEDレジン液 紫外線硬化 レジンクラフト ハンドメイド アクセサリー

価格:1,650円
(2020/12/16 20:54時点)
感想(0件)

続きはこちらから