パート③ 100 Anniversary Evolution  of the coca-cola contour bottle コカ・コーラ ミニチュア ボトル 6本セット レビュー‼

今日は6本セットの中の3番目のミニチュアボトルのレビューをお送りいたします。レビューといっても、写真と翻訳をのせてるだけなんですけどね(笑)けどやっぱり翻訳もこんな機会がないとしないので、改めて内容がわかるからよかったです。

では箱の中の左から3番目のミニチュアボトルを紹介していきます。

まずは写真。

印象は…真ん中が太い!という印象です。というか、ふっくらしてかわいいですね。

コカ・コーラの商標が瓶にエンボス加工となっています。これは当時としてはかなり高い技術だったのではないでしょうか?

また瓶本体に縦の溝加工が入っていますね。

あとは土台の広がり方がエレガントです。

では説明をひも解いていきましょう。

まずは写真。

で、例のごとくOCRで分析

1915 The inevitable confusion generated by such diversity and imperfections in the straight-sided bottle led to the adoption of the now famous “hobbleskirt” bottle. The “prototype” of this bottle had a much more exaggerated hobbleskirt shape and was never put into production. This prototype bottlel led to the design of the more streamlined contour bottle.

100 Anniversary Evolution  of the coca-cola contour bottle

うーん、プロトタイプ?試作品ってこと?

Google先生に聞きましょう。

1915 ストレートサイドボトルのこのような多様性と不完全さによって生じる避けられない混乱により、現在有名な「ホブルスカート」ボトルが採用されました。このボトルの「プロトタイプ」は、はるかに誇張されたホブルスカートの形をしており、生産されたことはありません。このプロトタイプのボトルは、より効率的なコンターボトルの設計につながりました。

by Google翻訳

おおー。なんとなく分かったような。つまり試作品作ったけど、デザインが誇張しすぎてるから生産に至らなかったってことですかね?それを記念ボトルに入れてくれるんだ。ありがたいですね。

せっかくなのでdeepl先生にも聞いてみましょう。

1915年 ストレートサイドボトルの多様性と不完全さから生じる混乱は避けられず、今では有名な「ホーブルスカート」ボトルが採用されることになりました。このボトルの「プロトタイプ」は、より誇張されたホーブルスカートの形をしていましたが、生産されることはありませんでした。このプロトタイプのボトルは、より流線型のコンターボトルのデザインにつながった。

by deepl 翻訳

今パート②見返してたら、その時のボトルは不良品がたくさん出てたって書いてたわ。なるほどね。1915年て第一次世界大戦真っ最中?なんか歴史を感じますね。当時の日本と技術が違い過ぎるな~

では次はパート④へ行きます。ご覧いただきありがとうございました。

パート② 100 Anniversary Evolution  of the coca-cola contour bottle コカ・コーラ ミニチュア ボトル 6本セット レビュー‼

九州や日本各地で豪雨被害が起きていますね…水害は片付けが本当に大変だと思います。体調を崩さないようにしながら、少しづつ片付けしていってくださいね。熱中症対策もしなければならないと思いますので、お気を付けください。本当に日本も熱帯化してきているように思います。

さて今日は100 Anniversary Evolution  のレビューNo2をお送りいたします。

今回は左から2番目のボトルです。1900年と表記されています。考えてみたら今2020年ですから120年前にコカ・コーラがあったということですよね。前回のボトルが1899年ですから121年前…あんまり意識してなかった。いや~歴史ありますね。

さて写真です。少し現在の形の片鱗が見えてきていますね。

ラベルがかわいいですね。

ではまた説明文を翻訳していきましょう。

1900 Crown top straight-sided bottles replaced the heavier cruder Hutchinson bottles in the early 1900s. All of these straight-sided bottles had a paper label identifying the product they contained and bore the COCA-COLA trademark embossed in script lettering as well. Since many of the bottles produced before 1910 were finished by hand they contained many imperfections.

100 Anniversary Evolution  of the coca-cola contour bottle パッケージより

例のごとく打ち込むのがめんどくさかったので、ocrソフトで読み込みました。

ではGoogle翻訳の力を借りることにいたします。

1900年代初頭に、より重い原油のハッチンソンボトルに代わって、クラウントップのストレートサイドボトルが使用されました。これらのすべてのストレートサイドボトルには、含まれている製品を識別する紙のラベルがあり、スクリプト文字にもエンボス加工されたCOCA-COLA商標が付けられていました。 1910年以前に製造されたボトルの多くは手作業で仕上げられていたため、多くの欠陥がありました。

(by Google翻訳)

うーん原油ってなんだ(笑)まずは王冠になったってことと、手作りだったために形がバラバラだったということですかね。

よし今度はdeeplに聞いてみましょう。

1900年 クラウントップのストレートサイドボトルは、1900年代初頭に重い頑丈なHutchinsonボトルに取って代わられました。これらのストレートタイプのボトルには、製品を識別する紙のラベルが貼られており、COCA-COLAの商標がスクリプトレタリングでエンボス加工されていました。1910年以前に製造されたボトルの多くは手作業で仕上げられていたため、多くの不完全な部分がありました。

by deepl 翻訳

おお~わかりました.頑丈なという意味ですか。欠陥のくだりはGoogle翻訳のほうがいいかな。

なんかほかの言語を訳せるなんてワクワクしますね。

では今日はここまで‼次回は3番目の1915年に進みます。

100 Anniversary Evolution  of the coca-cola contour bottle コカ・コーラ ミニチュア ボトル 6本セット レビュー‼

今回も引き続きコレクションの紹介をさせていただきます。やっと手に入れました。

100 Anniversary evolution of the coca-cola contour bottle

 100周年記念だったかな?某フリマサイトで2500円くらいだったと思います。最初に見つけたときは、ナニコレ液体入りのミニチュアボトルじゃん‼とテンションが上がりました。しかも6本入っているよ、と。

なんかアメリカ限定の品みたいですね。調べてもあまり日本語の資料も少なくて…

説明書きも英語なのです。意味を知りたいと先人の知恵をお借りしようと思いましたが、探しても無い…

よし!Google先生の力を借りよう!(安直)

ではひとつずつ翻訳ソフトで翻訳しながらレビューしていきたいと思います。

まずは一番目。なんかコルクの栓で閉じられていますね。

なんか写真のピントがあってないなあ…このミニチュアボトルは1899年の枠に入っていますね。

で、説明文。

1899 The earliest bottles known to contain COCA-COLA were of the Hutchinson stoppered variety. The words COCA-COLA appeared in either block print or script lettering on the bottles and embossing usually designated the city where the bottle was originally filled. These bottles were used only briefly by fewer than a dozen bottling works just after the turn of the century.

from :100 Anniversary evolution of the coca-cola contour bottle

写真から読み取って打ち込むの面倒くさかったので、OCRソフトで読み込みました。

ではgoogle翻訳で。うまく翻訳出来るかな…


1899年–コカ・コーラを含むことが知られている最も初期のボトルは、ハッチンソンの栓をした品種でした。 COCA-COLAという言葉は、ボトルのブロックプリントまたはスクリプトの文字に表示され、エンボス加工によって通常、ボトルが最初に充填された都市が示されました。これらのボトルは、世紀の変わり目直後に、わずか12回の瓶詰め作業で使用されました。

by google 翻訳

(笑)なんかおかしいぞ。けどまあまあわかりますね。

ちょっと別の翻訳ないかな…

今はやりのDEEPLで…

1899年 COCA-COLAが入っていることが知られている最古のボトルは、ハッチンソンのストッパー付きのものでした。COCA-COLAの文字は、ボトルの上にブロックプリントかスクリプトレタリングで表示され、エンボス加工は通常、ボトルが最初に充填された都市を指定していました。これらのボトルは、世紀の変わり目以降、十数社のボトリング工場で短期間だけ使用されました。

by Deepl 翻訳

おおー、なんかわかりやすい。大体意味が分かりました。

最初は王冠じゃなく、短期間使用されたということですな。(ざっくり)

この調子で6本全部解析していきます。お楽しみに。

おまけ weblio翻訳 なかなか面白い結果です。

最も初期のものはCOCA-COLAを含むことが知られてビン詰めにする1899は、ハッチンソン栓をつけられた多様性でした。
単語COCA-COLAはビンの上にどちらの木版画またはスクリプト・レタリングにでも現れました、そして、エンボシングはビンが当初満たされた都市を通常示しました。
これらのビンが、世紀の変わり目の直後に作品をビン詰めにして、1ダース足らず短く使われるだけでした。

weblio翻訳