③ワインボトルのミニチュアをお湯プラで複製!(セリアのシリコン粘土で作ったワインボトルのオマケブログ)

この前セリアのシリコン粘土でワインボトルを作りました。ラベルを作って、頭の部分を塗装して完成!といいたいところですが、せっかくレジンでカチッとした形が出来たのでお湯プラ(お湯マルでも同じ)で複製を作ることにいたしました。

大体一個目は樹脂粘土で作りますが、細かいディティールでエッジが出ないので、レジンが完成したら複製を作れるようにしたら良いですよ。きちっとした型が取れます。

それはお湯プラでもセリアのシリコン粘土でも変わらないです。精度が出ます。

では複製を作っていきましょう!

で、お湯プラの在庫を確認したらなななんと!クリアが無い!

緑しかない!uvレジンだからな~…光通さないでしょ?

いや、やってみましょう!(失敗するだろうな…)

例のごとく一人用の電気鍋でお湯プラを加熱していきます。

熱いのでお子様と作るときは注意してくださいね。

レジンで出来たワインボトルに熱々のお湯プラを押しつけていきます。

型合わせのために爪楊枝を刺していきます。このお湯プラを整形した後にカッターで切って真っ二つにしていきます。逆さまにしているのはレジンを流し込むからです。型から引っ張り出すときに下が膨らんでいると出てこないですからね。細い方を下にします。

水に付けて冷やした後、カッターで真っ二つにします。

けっこうきれいに型取り出来ました。

輪ゴムでぎちぎちに締めてから、セリアのレジン、クリアーブルーを流し込んでいきます。

ゆっくりと流し込んでいきます。ゆっく流さないと泡が逃げなくて、気泡になってしまいます。

できたけど、やっぱり首元に気泡が‼(笑)

けどこのくらいなら修正できます。そして心配していた緑のお湯プラですが、意外と固まりました。けど少し表面がぬるっとしていました。UVライトを長めに当てれば固まる感じです。気泡に穴を開けて穴の周りを整形してもう一度レジンを流します。

穴の部分にレジンを再び流し込みます。

とりあえず形は出来ました。ここから研磨していきます。

研磨は最初は紙やすり240番くらいで粗削りしてから400番で磨き、その後耐水ペーパーで磨いていきます。600番、1500番で磨きます。

その後クリアースプレーで塗装します。

出来上がりです!

複製のほうがちょっとスッキリした感じになりました。

以前投稿した三ツ矢サイダーのレモラのような形になりました!ちょっと嬉しいかも(笑)

”アサヒ飲料ホームページより

けっこう満足いく仕上がりになりました。

久しぶりに瓶のサイダーとかいかがですか?

[飲料]★送料無料★※アサヒ 三ツ矢サイダー 200ml瓶 1ケース24本入り (リターナブルびん)(190)

価格:2,452円
(2020/12/21 21:59時点)
感想(0件)

セリアのシリコン粘土でワインボトルを作ります①の記事はこちらから

②セリアの型取り用シリコン粘土を使ってワインボトルをレジンで作ります

久しぶりの製作記事です。セリアのシリコン粘土の記事がまあまあ人気です。なのでワインボトルの製作の続きになっています。セリアのシリコン粘土で縦半分の型を作り、そこにセリアのUVレジンのヴァイオレットを流していきます。

この前は二つ、半分の部分ができ、レジンで接着すればよいところまで製作しましたが、片方の反りがひどくて…写真アップしますね。

削りで吸収できないくらいそっていますね

反ってない方。真っ直ぐです。

このままでは接着しても加工が大変なので、片側を作り直します。その方が早いと判断しました。

セリアのシリコン粘土の型に再度UVレジンを流しこんでいきます。

セリアのシリコン粘土だとUVレジンが固まりづらいので、何層かに分けて流し込んでいきます。

はみ出すまで注ぎます。後から削ればいいので。

出来ました。

右が新しく製作した方です。これから接合面をなるべく平らにしていきます。紙やすりで、こするだけですけど(笑)根気は、いります。

削っている写真です。

削り終わったのでUVレジンで接着していきます。

動かないようにセリアのシリコン粘土の型に入れ込んで、表面にレジンを塗っていきます。

出来ました!

そんで紙やすり180番で磨きました。

削ると接合部の溝が際立っていきます。そこをまたレジンで埋めていき、また削ります。

削りたおします。

紙やすりから耐水ペーパーに変更してさらに磨いていきます。600番、1500番と進んでいきます。

これで一時出来上がりです。この後スーパークリアーの塗装をかけて、ラベル作りにも挑戦していきます。③に続きます。ご覧くださりありがとうございました。

自分が使っているのはセリアのレジン。本当に使ってみたいのはこちら!買いたい…

パジコ ジュエルラビリンス 星の雫 UV LEDレジン液 ハード 25g | レジン レジン液 UVレジン液 LEDレジン液 紫外線硬化 レジンクラフト ハンドメイド アクセサリー

価格:1,650円
(2020/12/16 20:54時点)
感想(0件)

続きはこちらから

セリアの型取り用シリコン粘土を使ってワインボトルをレジンで作ります。

久々の更新になります。皆さんいかがお過ごしですか?少しコロナの影響も少なくなってきて、少しづつゆっくりと日常生活が戻ろうとしていますね。お子さんがいらっしゃる方は学校のこととかご心配されていることでしょう。最近はおうち時間が皆さん増えて、お菓子作りとかパン作りが流行ったみたいで、強力粉やホットケーキミックス粉やイースト菌が品薄になってしまいましたね。うちの近所のスーパーでもいまだにイースト菌が戻りません。早く品薄とか解消されればいいですね。ふと考えると今まで当たり前のように並んでいた商品は当たり前じゃなかったんだなということに気づかされ、あらためて感謝しなくてはと感じました。

では今日は久々のメイキングの更新です。今日はセリアの型取り粘土でワインボトルを作ろうの巻です。このセリアの型取りシリコン粘土はかなり優秀な品だと思います。二色をコネコネして、型を取りたいものに押し付けるとほんの短い時間で硬化して正確な型を取ることが出来ます。唯一の欠点は不透明なこと(笑)なぜかというとUVレジンは光が通らないと紫外線が当たらないため硬化しないのです。そしてそのことを知ってたのに失敗しました!(単に忘れとったのです)

では写真を見ながら解説していきたいと思います。


こちらがセリアの型取りシリコン粘土です。使い方は二色を色が均一になるまで練って、型取りしたいものに押し付けて、しばらく待つと硬化します。ネットにはサクマドロップを押し付けたり、ハリボーのグミを型取ったり、クッキーを型取ったりした例がのせられています。いづれも透明なものはレジンを流し込んでみたり、樹脂粘土を押し付けたりしてクッキーを作ったりします。

レジンを流す場合の型取りのコツは、やはり立体のものは半分に割った形で仕上げるために、半分だけ原型を埋め込むというところです。出来上がった半割れを二つ作り最後はレジンで接着して形にします。

次がいきなり型を取ったところです。写真を撮り忘れました。

以前製作したダイソーの樹脂粘土で作ったワインボトルを埋め込みます。半分だけ埋まっています。周りの型はやはりダイソーで購入した何かのケースです。ケースにはめ込んだほうが後で外した時にキレイになります。

下の写真が外したところです。キレイに型取り出来ました。

次にUVレジンを流し込んでいきます。コツは泡が入らないようにゆっくり注いでいくことです。レジンのボトルを押さないぐらいの感触で、垂れるにまかせる感じといったところでしょうか?

次の写真が流し込む様子です。

そして...硬化...照射。

失敗しました!

原因はなんでしょうか?そうです。レジンを満タンになみなみと注いでしまったのです!これが何がダメなのかというと、シリコン粘土の型の場合下からの紫外線が当たらないのです。お湯プラの透明型は何とか紫外線を通すのです。だから今回15分くらい照射したのですが、底のほうが液体のままでした...がっくり。

気を取り直して製作!シリコン粘土の型の場合二液性のレジンなら問題ないのですが、UVレジンの場合は少しづつ薄く流し込みながら、固まったらまた重ねるといった感じで製作しなければならないのです。

で、できたのがこちら。

左のほうは沸騰した感じに仕上がってしまいました。UV当てすぎたかな?原因不明。

けど結局、研磨しますからね。

で、研磨。

時間をみて貼り付けます。今日はここまで!

Milageto 1/12 ミニチュア家具 ワインラック キャビネット ドールハウス用 人形の家 装飾 アクセサリー

新品価格
¥1,960から
(2021/2/5 16:07時点)

ワインボトルのミニチュアの記事②はこちら