レジンでミニチュアのラムネ瓶あらためミニチュアの牛乳瓶を作ります。⑤研磨してスーパークリアーを塗り完成! UV cure resin Milk bottle

やっとここまでたどり着きました。

今回は形を粗削りして、サンドペーパーと耐水ペーパーをかけて、表面を整えたのち、トップコートというラッカースプレーのクリアをかけます。これはUVカットの成分が入っているので作品が日光に焼けて変色するのを防いでくれるみたいです。

レジンの作品は日が経つと黄色く変色してしまうのでUVカット入りのものを購入いたしました。では写真をみていきましょう。

かなり成形のさいのバリが出ていてデコボコになっていますので、削らなくてはなりません。つなぎ目が歪んでいたりレジンがはみ出したりしています。最初にカッターで粗削りしていきます。

凹んでいるところもあります。レジンをもう一度塗って盛り上げてから研磨してもよいのですが、今回は研磨で対応していきます。ふたの部分欠けていますね。

カッターで粗削り!バリバリいきます!

そしたらサンドペーパーで磨きます。今回は家にあった320番で。白濁しますが気にしないで磨いてください。後からクリアをかければ透明になります。レジンを薄くかける方法もあります。

白くなったね

サンドペーパー終了。

痛恨のミスが発覚!耐水ペーパーかけたのですが、あまりに楽しくて写真を撮り忘れました!ショック…

ではクリアースプレーを塗っていきます。

におうので玄関で。ほんとは外で塗ったほうがいいのですが、夜遅くなってしまったので。そして全方向からかけます。

出来ました。白濁も消えてクリアーに仕上がりました!透けて見えます!

単品で撮影。すごくうれしいです。

もう一度ウッディ君と。

電気にかざしてみました。ものすごく透明です!

ここまで本当に長かったです。小学校低学年のころからミニチュアボトルを作るのが夢で。やっと製作出来ました。材料はほとんど100均で手に入りますし、本当にいい時代ですね。昔は透明の作品を作るのはハードルが高かったのですよ。レジンも2液性しかなかったしね。今回は大満足でした!

投稿者: minibottle

ミニチュアの瓶をこよなく愛する者です。集めたり、作ったりしています。

コメントを残す