レジンでラムネ瓶を作ります。②お湯まるで型を作り、レジンを流し込みます。(ただし牛乳瓶を作っています)UV cure resin Milk bottle

皆さんいかがお過ごしですか?コロナウィルスが心配ですね。お子様たちも学校がお休みで家の中でもやもやされていることでしょう。(外に遊びに行く子もおられるでしょうか?)

さてそんな時こそ、家の中で工作などいかがでしょうか。

久しぶりの更新ですが、レジンで牛乳瓶を作りたいと思います。

製作の方法は、本やたくさんのyoutubeを参考にさせていただきまして…いろんな方法のハイブリッドになっています。参考にしたかたのyoutubeの動画が見つからず、また後でご紹介いたします。

ほとんど100均の道具で製作することができます。では写真をみていきましょう。撮りまくったのでかなりあります。

まず材料と道具の紹介です。以前にも使用しましたが、お湯丸を溶かす一人用の電気鍋です。あとはクリヤーのお湯まる?いやダイソーのお湯プラです。下に並んでいるのがこの前製作した原型です。ダイソーの樹脂粘土で作りました。左端のはやはり原型にしようかと思っているミニチュアボトルです。

暗くて少しボケています。ごめんなさい

クリヤーのお湯プラです。レジン液を固めるため紫外線が通るものである必要があります。

冷やすための水を用意します。かなり熱くなるのでお子様とご一緒に製作なさり、十分やけどにご注意ください。

お湯を沸かして3本づつ二回投入します。型を上下に作るためです。

少し冷まします。熱々です。

丸めます。

原型を半分埋め込んで押し付けます。

型が合わさるようにくぼみをつけます。後で重ねたときにずれません。

下側をまず作ります。キャンディーの棒に見えるのは後でレジンを流し込む穴になります。

3本新しく溶かし、下側の型に押しつけて重ねます。

なんと失敗しました!もう一つの型を押し付けたときにまだお湯プラが冷めてなく、片方の受け手の型が溶けて融着してしまいました。あと、はがすためにリップクリームやハンドクリームを塗るのでした!忘れてた!はがしたらぐちゃぐちゃになってしまいました。やり直しです。長いので分割して紹介いたします。続く

左側、後からつけたやつぐちゃぐちゃ。見事に型が崩れています。

投稿者: minibottle

ミニチュアの瓶をこよなく愛する者です。集めたり、作ったりしています。

コメントを残す