②セリアのシリコン粘土の型でラムネ瓶をレジンで複製! 今度は緑色です。パート②再研磨&仕上げーミニチュア瓶 作り方

MAKING

続きです。前の記事はこちらから

この前の記事では半分に作り上げて接着するも、無残にも接着面に大きな気泡が!流し込みでも解消しないためやむなく半分に割ります。

前回製作した時にはキチンと接合面を研磨してくっつけていたのに油断していました…やっぱりuvライトで固めた後は、表面が肉やせして周りが盛り上がるようですね。なので極端にいうとお茶碗を二つくっつけた感じになって真ん中に空洞が出来てしまうようです。反省。皆さんもくっつける前に接合面がフラットになるように研磨してくださいね~

ということでばらします(泣き

プラカッターを刺したところ

真っ二つにして接合面を研磨していきます。

削る前の写真。かなり周りが盛り上がっていましたね。

底の部分から写した写真。くっついた部分がプラモデルのパーテーションみたいに盛り上がっていますね。

ここから先は削り倒すのみです。

こうして形が整ってきました。濃い色に見えるのは追いレジンです。削るたびに穴や裂け目を見つけますので、その都度レジンを足して、また削ります。そうやって形を整えていきます。気の長い作業です。出来上がりを想像しながら磨いていくとこの時間を楽しい時間にしていけます。

この際なのでディテールを見直しました。ラムネ瓶はもう少し首が長いので頭にレジンをのせ、何回か削るのを繰り返して、首を延長していきます。

首を延長したところだいぶラムネ瓶らしくなってきました!

真ん中の膨らみ部分に存在している二つのくぼみ、えくぼをドリルで再現します。使用するドリルの先は3.5mm。ドリルの先を手で持って手回しで慎重にくぼみを作っていきます。

だいぶいい形になってきました。耐水ペーパーでもう少し研磨してから、UVスーパークリアースプレーでコーティングします。細かい傷は目立たなくなります。

塗りました!

そして完成!中のビー玉もいい感じに透けていますね。

外で撮影!

透明なミニチュアって素敵ですね。

クレパス風ラムネ 250ml×6本

新品価格
¥1,280から
(2021/7/17 22:21時点)

こちらのブログではミニチュアの製作記事も載せています。

ぜひこちらもご覧ください。

MAKING

Posted by minibottle