レジンでミニチュアの牛乳瓶を作りますパートⅡ③ お湯プラ(おゆまる)で、シリコンモールド的な型を作って牛乳瓶を作ります。UV cure resin Milk bottle

なんか題名がどんどんと長くなってきています。

最近流行りのライトノベル並みですね。

お湯プラでシリコンモールド的な型を作ります。

最近は東急ハンズや大きな手芸店でもレジンのコーナーでシリコンモールドが販売されていますよね。

今回お湯プラ(おゆまる)で製作したいのは、ボトルの中抜きタイプです。

一度作ってみたかったのです。ただしボトルの中心をとるのが難しいと思われます。なぜならば市販の型は、シリコンを流し込んで作るので、型合わせがしやすいと思います。お湯プラ(おゆまる)は押し付けるのであまり精度の高い作業は難しいですね。けどレッツトライです。お湯プラ(おゆまる)は何度も溶かして直せるからね。では見ていきましょう。

まずはこの前失敗してショートにカットしたレジンをお湯プラ(おゆまる)の原型にしていきたいと思います。

一度レジンで製作すると、精度の上がった原型を使用していくことができます。

すでに研磨してあります。

いきなり完成品でごめんなさい。

レジンの原型の中心にお湯プラ(おゆまる)を押し付けますが、うまく抜けないし、奥まで入らないので、引き出した後もう一度お湯に少しつけて整形します。

3つで一つになる型です。少し市販品に近づいたかな。

輪ゴムできつく縛り、レジンを流し込みます。

いっぱいいっぱいに入れないで、7割から8割くらい注ぎます。

中心に芯が入るのであふれます。

複製が出来上がりました!一応成功したっぽい。

背の高い型も作ります。型の形は四角くできていい感じ。

型を立てるとこんな感じ。

しかーし⁉出来上がってみると、なんか汚い!なんじゃこれは!

そして...中心に入れたお湯プラの芯が食い込んで抜けない!

ピンチ!

しかもピンバイスというドリルでほじくっていたら、ドリルの先が折れてしまいました!

ノーーーーっ‼

無残な出来栄え...しかし、後で整形して復活させます!

背の低いやつに、セリアの白のレジンを流し込んで、牛乳ぽく仕上げます。

見えづらいですが白のレジンがなみなみと入っています。

例のごとくクリアースプレーを塗って、一夜明けた後の仕上がりです。

かざしてみると、牛乳が入っているように見えます。

やったー!

改善点は口のうえいっぱいまで白くなってしまったこと。

最初に少しクリアーのレジンをいれればよかったと反省。

まあ次につなげましょう!

番外編:コーヒー牛乳を作ろうと、茶色のレジンと白を混ぜたのですが、思いのほかオレンジに...フルーツ牛乳になってしまいました!

完成品 3つ
これは完全にフルーツ牛乳
首のところにクリアーを流し込んでいます。クリアー入れすぎ

投稿者: minibottle

ミニチュアの瓶をこよなく愛する者です。集めたり、作ったりしています。

コメントを残す